魍魎の匣を読んだ

 ここ数週間ガルパンの劇場版を見てきたというのに具体的な感想を書こうともせず1冊の本に向き合っていた。これは私にしてはとても珍しいことで、通常3冊ほどを同時に読み始めノッてきた本に集中するのだがそれは怒涛の勢いでもって他の本の介在を許してくれなかった。魍魎の匣だ。 魍魎の匣をたった数分前に読み終わり自分に落とし込もうと感想を練っているのだが上手く成らない。ミステリーとしてはバカな私にでも読めてしまう...
 20, 2016 13:58    0

What's new?