スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョジョの紹介なので今回は長いですよ
うぅ・・・アクセス数が全然伸びない・・・
でもいいのですよ・・・見てくれている人がいるだけで・・・

ジョジョとなのはのクロスSS「リリなのSDGS」をやっていますが
「ジョジョっていったい何よ?」って方多いと思います。
なのでジョジョの紹介をしようと思います。

ジョジョの奇妙な冒険とはッ!
1987年から連載が始まり、20年以上連載している漫画であるッ!
現在7部を連載中あり、今までに合わせて90巻以上出ている大ヒット漫画です。
各部について紹介いたします。
各部の副題は文庫版から登場した物でコミック版(180サイズ版)にはありません。
(6部は除く)
7部は読んだことがないので紹介できません。
足りないところがあったらコメント等で補足お願いします。

1部「ファントムブラット」(副題は文庫版から登場)
主人公はジョナサン・ジョースター。
1部はジョースター家とディオの戦いの始まりで、すべての基本となる部です。
舞台は18世紀のイギリスで、イギリス貴族の「ジョースター家」にディオが
引き取られることから始まります。

この部では後に出る「スタンド」にたどり着くための技術とされている
「波紋法」が登場します。

「波紋法」とは特殊な呼吸法で、「石仮面」(血が付くことで骨芯がでて脳が刺激され吸血鬼となる)
によって生まれた吸血鬼や吸血鬼に血を吸われた「ゾンビ」を倒すことができる
エネルギーを生み出すことができる呼吸法です。
ちなみに波紋呼吸をすると老化のスピードを遅くすることができます。
吸血鬼は太陽に当たらなければ不老不死でいることができます。

ディオの影響力は強く6部まで影響を及ぼしています。

2部「戦闘潮流」
主人公はジョナサンの孫ジョセフ・ジョースター
2部は石仮面の謎が明らかになる「波紋編」の解決編みたいなものです。
この部は柱と一体になって生きている男が発見されることから始まります。

この部では「柱の男」と呼ばれる4人の男が登場します。
それぞれ自分の「流法(モード)」を持っています。
柱の男は「サンタナ」「エシディシ」「ワムウ」「カーズ」といい(名前は左から弱い順になってます)
エシディシ、ワムウ、カーズは究極生物になるため「エイジャの赤石」を探します。
さあ次からはいよいよスタンド編ですよ!

3部以降は長いので追記に書きます。

<ゆ~のすさん
全然おkですよ!
なんだかんだで書くネタが尽きなかったりするので毎日続きますww

3部「スターダストクルセイダース」
主人公はジョセフの孫、空条承太郎(くうじょうじょうたろう)
3部はこれから始まる「スタンド編」の始まりの部です。
この部はまずスタンドの説明から始まり、ディオの復活が分かり、
エジプトにいるディオを倒しに行くのがこの部です。

この部ではタロットカードの大アルカナの21種類に加え、
エジプト9栄神をスタンドの名前に使用しています。

この部では数々の名言と迷言が登場します。
あのAAで有名な「今起こったことをありのままに話すぜ(ry」が
登場したのもこの部です。
あとは「オラオラオラオラオラァ!!」「やれやれだぜ」
「てめえの敗因はたった一つ・・・たった一つのシンプルな答えだ・・・てめえは俺を怒らせた」
「無駄無駄無駄ァ!!」「最高にハイッって奴だぁーー!!」などもあります。

4部「ダイヤモンドは砕けない」
主人公はジョセフの隠し子、東方仗助(ひがしかたじょうすけ)
承太郎が仗助を訪ね、「弓と矢」の存在を知り、それを追っていくのがこの部です。

この部は何ら変わりない日本の普通の町がスタンド戦の舞台となります。
この部は人気が高い部の一つです。
吉良吉影などの人気キャラを生み出した部です。
ちなみに僕も大好きです。

5部「黄金の風」
主人公はディオの息子、ジョルノ・ジョバァーナ
この部はギャングスターを目指すジョルノがギャング組織「パッショーネ」に
入団し、ボスの娘を守るというのがこの部です。

この部の敵はボスの娘を守る暗殺チームとの戦いがメインです。
好き嫌いが分かれる部ですが、僕は好きです。
この部は個性満載のスタンドがいっぱい出る部だと思っています。
空中戦をメインとするエアロスミス、鏡の中に敵を連れ込むマン・イン・ザ・ミラーなどいっぱいありますよw

6部「ストーンオーシャン」
主人公は承太郎の娘、空条徐倫(くうじょうじょりーん)
日本人とアメリカ人のハーフの徐倫が州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所(水族館)に入れられ、スタンドを手に入れることから始まります。

この部は敵スタンドによって奪われた承太郎の「スタンドと記憶のDISC」を
取り戻すことをメインとしています。
この部で特徴的なのは主人公が女性であることです。

この部は凄くスタンド能力が難しいです。5部からも難しかったのですが
アナスイの「ダイバーダウン」や「メイド・イン・ヘブン」が難解だと思います。

こんなに長くごらんになっていただいてありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。