映画感想「メリダとおそろしの森」
ピクサービギナーですが書きます。
細田かピクサーかで迷ってピクサー行きました。

メリダとおそろしの森は2012年のピクサー作品。
最近のピクサー映画にはいってなかったので新鮮というか。
最後に行ったのは何だったかな?
モンスターズインクとファインディング・ニモどちらか後のほうで。
ディズニーという観点では最近見たのだと
ディズニージャパン制作のファイアボール・チャーミング見ました。

短編が2本付いてまして(恒例か?)
トイ・ストーリーのニセものバズがやってきたと
月と少年というやつです。
ニセモノバズはアンディーの元を離れてボニーの元へ行った後の話で
ファストフード店に行って所謂ハッピーセット的なおまけで
ちっちゃいバズとかちっちゃいザーグがあって人気なバズはもらえず
ザーグをもらうことになるのですが、ディスプレイ用の小さいバズは
遊んでもらえないことを嘆きボニーのリュックに忍び込んで
バズと入れ替わってしまうのでした。

この短編はワクワクさせすぎ。最高に楽しい。
それ故にメリダが霞むレベル。

月と少年は月の満ち欠けを調節するお仕事の一家の話なんですが
サイレントに近く台詞はなく、息遣いだけという
昔のディズニーっぽいテイストと言えるのかな?
コレもとても良いです。

さて、メリダとおそろしの森ですが
結論から言うと思ったより良くなかったです。
王女であるメリダは「王女らしくあれ」と母親から教育を受けることに
嫌気が差していた。そんな時領土内の他の三国の領主の息子と
結婚相手を決める儀式を勝手に設定されてしまう。
その母親の気を変えたいメリダは人を必要なところへ導くと言われる
『鬼火』に導かれ、木彫りの彫刻屋を営む森の魔女の元へ行く。
そこで母親を変えるケーキをもらい、そのケーキを食べさせると
母親はクマになってしまった...

今思うとどんな話だよ!って思いますね。
簡単に言うとメリダがクマにしてしまった母をもとに戻す話なんですが
ただそれだけなんですよね。
ピクサー映画は個人的にですが、
序盤中盤にも絵的にであれストーリー的にであれ盛り上がるところを
1コ、2コ入れてくるものだと思っていたのですが
メリダは終盤だけのように感じました。

クマになった母はだんだん意識もクマになっていって
父親が狩りで王になったものですから城で大騒ぎがあるのですが
それもさほど派手というほどのものでもなく地味。
更にそのちょっと前に意識もクマになるエピソードとして
川での魚とりのシーンも盛り上がりに欠ける。

森の魔女も母が元に戻る方法を教え終わると出てこないし
領主の息子も活躍するわけでもなし、ストーン・サークルと鬼火は
謎のままだし、なんか消化不良感のある映画でしたね。
終盤は熊童子の戦いは本気で音が怖いのもあって盛り上がります。
絵も綺麗だったんですがね。

さてメリダの吹替がAKB大島優子でしたね。
AKBというとマガジンで連載中のAKB49を読んでいる程度ですが
大島優子個人的にはありでした。
メリダに合っていたし、声優的には素人なので泣きが微妙なのは
多少気にかかりましたが及第点といったところでしょう。

物足りないところはありますが短編2本が素晴らしいので
見に行っても損ではないと思いますね。

次はダークナイトライジング。
先行行こうかなと。吹替で。
園崎未恵さん出てるようなんでね
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?