スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画感想「エヴァンゲリオン新劇場版Q」
映画の日だったのと友だちとの遊ぶ口実になるかと思って
見に行って来ました。

ネタバレかもしれないんで追記にて

エヴァンゲリオン新劇場版Qは
新劇場版の3作目。
破のラストで起こった初号機の覚醒がトリガーとなって
サードインパクトが発生。その後・・・

僕はエヴァンゲリオンはTVシリーズを
途中で投げ出しているためほぼ新劇の知識のみで
見に行きました。
というのも知らないという状態はある意味で貴重な状態です。
これまでを知っているのと知らないのとでは相応な
感想のズレが生じると思います。
知らない状態でエヴァQを見に行って自分がどう思うのか
それを含めて楽しむつもりで行って来ました。

何もわからないという点においてシンジとシンクロし
終始シンジの視点と一歩引いた視聴者の視点で見ていました。
冒頭から現状を説明をされないまま「あなたは何もしなくていい」と
言われるシンジですけど説明されないし、邪険に扱われるし
アスカには怒鳴られるしで
「そりゃ説明欲しいよなぁ、俺も欲しいもん」とか
「これはこうするよなぁ」の雨あられ。
戦闘はさすがにかっこよかったですよ。

中盤終盤はだんだんシンジから感情移入が解けて行って
カヲル君の言葉をそのままとっていいものか?
それぞれの目的は分かったがゲンドウはこの先に何を見てるんだ?
とかシンジの不安からの暴走に納得しつつもこれじゃマズイとか
思えるようになって来ました。
エヴァ第13号機のダブルエントリープラグの
利点とかにはちょっと感心したり。
こうやって感想を練りあげながら不満点がいくつか。
確かにサードインパクトを引き起こしたシンジは新組織の
若い子らからは恨まれるのはなっとくなのですが
あまりにそれの描写が薄い。
シンジの物語なので仕方のない事なのでしょう。

同時上映巨神兵東京に現るはとても良かった。
林原めぐみさんの淡々としたナレーションによって恐怖感が
5割増しでした。本編より怖かった。
もうダメだこれ、人類終わったわって思いました。
先日放送のNHKディープピープルにて平成ガメラスタッフが
関わっていると知っていたので東京タワーが壊れるところでは
あ、ここガメラっぽいとか思いました。

なかなか面白かったとは思います。
ただパンフレット買うほどではないかなといった感じ。
でも金返せとは全然思いませんでした。

っていうかエヴァ8+2号機て
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。