スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画感想「アイアンマン3」
基本今死んでも構わん人生です。

アイアンマン3の前売り券を使って見に行きました。
すでにアイアンマン1からアベンジャーズまでMARVEL映画が
とてもとてもヒットしているのにもかかわらずエンドロール後に
オマケがあると知らないで席を立つ人が多いこと。
これから見に行く皆さんは席を立たずにしっかりとエンドロールまで楽しんで帰ること。いいね?
感想は追記で書きます。ネタバレします。

爆丸のルールを最近調べてみたのですがとてもゲーム性が高い。
爆丸を弾く技術やカードを使った対抗合戦が面白そう。
これはボードゲーム大国アメリカで人気が出るわけだ。

アイアンマン3いい映画でした。
トニー・スタークの独白から始まり。

アベンジャーズの一件の後、精神的にトニー・スタークは追い詰められ
3日以上の不眠や恐怖による発作に苦しんでいた。
寝られない間アイアンマンスーツの開発を重ね、マーク42までになっていた。
その頃合衆国はテロリスト「マンダリン」のテロ対策に追われ
かつてのウォーマシンをリペイントしアイアンパトリオットとして国防に利用する。
ある日チャイナタウンで3000度以上の高温度の爆発が起きハッピー・ホーガンが巻き込まれる。
仲間が巻き込まれた怒りからトニーはマンダリンへの宣戦布告をした。

映画の目玉はやはりマーク42。
無人で遠隔操作が可能になり、遠方からパーツを分割した形で装着できるようになっています。
時には腕アーマーだけ外しアイアンマン自身を引っ張り上げることも可能です。
大活躍でした。
予告でトニーの自宅が破壊されましたが、アイアンマンは水中行動できるのは
アベンジャーズで実証済みですから無事です。

そしてもうひとつの目玉。アイアンパトリオット。
原作ではスパイダーマンのグリーンゴブリンことノーマン・オズボーンが着ますが
映画スパイダーマンはアメイジング・スパイダーマンとしてリブートしたばかり。
更にはアメイジングのヴィラン(敵)はグリーンゴブリンではないときたので
アイアンパトリオットには誰がなるのか?そもそも味方なのか?というのが
注目点でしたがまさかのウォーマシンリデコとは。
正体もウォーマシンと同じ人です。
さらに言えば予告の最高にかっこいいアイアンパトリオットの中身は敵という。

第三の目玉。最終決戦。
これがすごい。
アイアンマン軍団。
マーク42までになっていたアイアンマンスーツには頑丈な奴や
両腕にバンカーが付いたような奴までバリエーションが豊富に。
キングジョーのように分解し攻撃の後再合体するようなのも。
ここでアイアンマンがスーツであることの利点が生きてきます。
トニーが着たアイアンマンスーツがどんどん壊されては逃げながらジャービスが
スーツをパックリ開けて待っているところに飛び込み換装を繰り返します。
大立ち回りがかっこいい。

アイアンマン廃業の件。
アイアンマンスーツを破壊した後リアクターと体内の破片を摘出した
トニー・スタークはもうアイアンマンになるきはないらしいです。
直後にアイアンマンは戻ってくるといった感じの字幕が流れますけどね。
知ってたし。

軽快なトークは健在で、アベンジャーズの中で唯一の一般人という苦悩を描いています。
怒ると大きくなるやつや、特殊な結成で強化された根っからの愛国者
ましてや神様に比べたら心が弱いはずです。
これまでの映画アイアンマンとは違ったアイアンマン3
2100円の価値アリですね。
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。