「ロボコップ」
ロボコップとプリキュアオールスターズNS3を連続で見ました。
ハードでした。
ロボコップについてのみ書こうと思います。

小奇麗にまとまったロボコップといったところでしょうか。
さらに言えば昨今のリブート映画ってこんなかんじだよねという感じの映画。
旧作は死後のマーフィーを使用しているため脳以外は全部メカだったと記憶しておりますが
今回は諸事情により重症化したマーフィーを使っているため、いわばサイボーグで
生身も残っているために生命維持の方法等オムニ社のラボでのシーンが多くあります。
旧作と比べすぎたのかその辺が余計に感じました。
旧作の根底となる設定を変えているために素材は同じながら完全に別物です。
でもリブートってそういうもの?スパイダーマン誕生の過程を変えるぐらいの大改変なんだけど。

ヒーローチックな描写は増えたと思います。
漆黒のフォルムに漆黒のバイクを駆って夜道を走る。
そして光るバイザーの赤一閃。カッコイイに決まっています。
その代わり「無敵のロボコップ」感は減ってますけどね。
ED-209は相変わらずちょっとポンコツです。可愛いですね。

今回のリメイクは2014年版ロボコップのウィキペディアに書かれている通りです。
「思っていたよりもずっといい出来栄えだったが、原作よりいいわけではない」
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?