史上最強の弟子ケンイチ最終回を読んで。
 まるで小学生の読書感想文の宿題のようなタイトルであるが読んだので仕方がない。
もともと何かのきっかけでハマるとその時の最新号から原作を読みつつコミックスで
話を追うという読み方をする事があって、ケンイチもそれをやっていた。
正直読んでいて終わるならこのタイミングだろうなあと思っていたけれどまさか本当に終わってしまうとは。
 最終回自体はよくあるエピローグ話。ネギまよりは丁寧だったと思う。
よくも悪くもこの最終回しか無いと思っている。
恋愛模様もまあまあ整理されたし、ケンイチの夢も叶った終わり方だった。
しかし、緒方一神斎と櫛灘美雲というとんでもない強敵を倒せずに最終回というのは消化不良。
ただ、殺人拳を大々的に謳うラスボス的な両者にケンイチ達梁山泊が掲げる活人拳が
どうすると明確な勝利といえるのか難しい。
そういう面を色々考えるとやはり納得の行く最終回ではあったと思う。
 続編も期待できるし、活人拳というものは終わりない戦いなんだろう。
作中で岬越寺秋雨師匠が「基礎体力に卒業などあるものか!!」といっているのと同じように。
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?