ラブライブSchoolIdolMovieを見ました。

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







(上から新しい順)

 最近はというかここ数ヶ月色々とDVDで映画を見てわりとそういうのの感想をツイッターに投げるので
ブログに書けばいいものも連投してしまうのだ。
そこで衝動的にツイッターに投稿したものをまとめれば、というよりもブログに差し込んじゃえば
いいのではないかといろんなまとめサイトで埋め込まれたツイートを思い出した。
 大体ラブライブに関して言えばツイートが大まかな感想。ツイートにある通り
μ's完結編としてはとても良かったと思うのだ、しかしよくある深夜アニメ映画っていう印象も拭えない。
アメリカ行っちゃうのはいいのだけれども招待した人が影も形も出てこなかったり
急に出てきて明らかに穂乃果と重ねてくださいねっていう謎のシンガーがなんというか
未来の穂乃果っぽいけどもラブライブは青春アイドルストーリーなわけだから
SFでは決して無いわけで未来人穂乃果ちゃんではないんだけど、だったら演出が
もうちょっと静かでも良かったんじゃないかとか不満というか気になった点は幾つもあった。
EDの全員の名前が入った歌詞とかそういうのには私自身弱いので素晴らしかった。
結局「いいところもあるけれど悪いところもあるそんな月並みなところに落ち着く」のである。

 正直にいってパンフレット買うか迷ってやめちゃったのだけれども
終盤の真姫ちゃんのフィルムが当たったので惜しくはないです。
ページトップ