スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リリなのSDGS 6話 2/10
絵の描き方の本と買ってあるじゃないですか。
ああいうのってやっぱり役立つものなんでしょうか?

「買った方がいいのかな」とは思っているのですが
「本当に役立つのかなー」って思ってしまって結局買ってないのです。
使っている人や使ったことある人、よろしければ情報いただけますでしょうか?

SSを見ていただく前に注意事項があります。
・文才がないので文がめちゃくちゃになったり話がつながっていない場合があります。その事をふまえて、読むかどうか考えてください。
・この話はオリキャラが出ます。なので設定やスタンド能力がメチャクチャになっている場合があります。
・これはジョジョとなのはのクロスSSです。どちらかしか見たことのない人にも
 分かるよう説明はしますが説明しても伝わりづらい箇所もあるかと思います。
 その場合はご了承願います。

追記に「魔法少女リリカルなのはStardustDiamond&GoldStone」6話「初陣(2/10)」
「次の対戦にいこか、次は誰行く?」
はやてが全体に声をかけた。

「僕が行きましょう」
圭斗が名乗り出た。
「じゃあその相手は私がやる、いいでしょ?」
徐倫が名乗り出た。
「この人には何かがある、表には出していないけど確実な『強さ』を感じる。だからこの人と戦いたい」

「ルールはさっきの通りでいいね、では始め!」
フェイトがコールとともに腕を振り下ろす。

「先手必勝なんてのはスタンド戦では無いに等しいけど・・・アドバンテージは取れる!!」
徐倫が先に行動を起こす!
体から糸を作り出し人型を作り上げる!
徐倫のスタンド、『ストーンフリー』は『糸』、糸は丸めたりしてまとめると『立体』となる。
そのことを利用し人の形を作り上げたのだ。

「来ましたね!コールドバレット!!」
圭斗は徐倫に照準を合わせコールドバレットの指先の銃口から弾丸を発射した。
「そんなもの!はじき返す!」
ストーンフリーは力は弱いものの弾丸をはじくことくらいはできる。
弾こうとして腕を伸ばし弾丸を殴った!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それからは一瞬だった。
一瞬のうちに勝負はついた。
「な・・・なにが・・・起きたの・・・?」
徐倫は細々という。
その場にいた全員が状況を飲み込めず、驚きの表情を浮かべていた。

徐倫が弾丸を殴った瞬間、徐倫の動きが静止し、圭斗が『瞬間移動』したのだった。
「あなたの負けです、徐倫さん」
「なんなの・・・」と声を上げ徐倫はその場に座り込む。

「し・・・試合終了!勝者、針山圭斗!」
フェイトは勝者の名前をコールした。
「何なのよ・・・あんたのスタンド能力は・・・」
徐倫は訊いた。

「僕のスタンド『コールドバレット』は『時を奪う弾丸』を持っています」
「時を奪う弾丸?」
康一は訊く
「はい、着弾した物体から2秒、時間を奪い、着弾したものの動きを止めます。奪った時間は本体に『加算』されます。」
「加算されるとはどういうことだ?」
承太郎が訊いた。
「加算されるということは『本体の時間が加速する』ということです。加速した時間の中を動いたから『瞬間移動』したことになります。実際は着弾したものとの時間差は4秒間ということになりますね」
圭斗はスタンドの説明を終えるとフェイトに声をかけた

「フェイトさん戦う時は言ってください、審判変わりますから」
「うん、じゃあ次私が戦おうかな」
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。